2012年10月04日

短い秋。

10月になり、台風もやってきたので山に行ってみた。
残暑と少雨でからからの山は、
台風がかすめただけでは生命力の回復は期待できず。
秋の恵みのきのこもアミタケが精一杯の力で顔を出すのみ。
毒キノコさえほとんど見かけなかった有様だ。

P1130542s.jpg

ましてや競争力の弱いマツタケは
この気候のなかでは、なかなか一般の山での遭遇は期待薄だ。

最近は9月も夏の仲間になったようだ。
だから長い夏に押されて秋はどうしても短くならざるおえない。
といったところだろうか。
posted by guzuroku at 23:00| Comment(0) | 日記

2012年09月14日

アイガモの砦。

先日、イベントで知りあった三郷の鈴木達也さんの農場を訪ねた。
有機トマトとアイガモ米が中心の専業農家さんだが、
冬は杜氏もされている。
帰り際に、今年活躍してくれたアイガモたちの池(家)を見せてもらった。
鈴木さん手作りのアイガモ砦は無頼ではあるが、
丈夫でとてもよくできていて感動だ。
餌をもらって元気いっぱいのアイガモたちはかわいい。

P1130219s.jpgP1130221s.jpgP1130226s.jpg
posted by guzuroku at 14:22| Comment(0) | 日記

2012年08月08日

8月の蓮畑。

大きな蓮畑に出会った。
蓮は花といい実といい蓮根といい、
とにかく造形的だ。

畑のあちらこちらで、
いろいろな表情を見せる花たちは
とにかくすばらしい。
まさに8月のクイーンなのだ。

P1120771s.jpgP1120714s.jpgP1120699s.jpgP1120741s.jpg
posted by guzuroku at 23:05| Comment(0) | 日記

2012年06月29日

毎年この時期に。

夏を前にしたこの時期になると、無性に行きたくなる場所がある。
朽ち果てた古いワイン工場跡地だ。
青空と朽ちた壁と生命力に漲る夏ツタのコントラストが無性に見たくなるのだ。

P1110843s.jpgP1110851s.jpg
posted by guzuroku at 22:15| Comment(0) | 日記

2012年05月09日

林がよんでるぜ。

新緑の林は、ある種の空気感をもって私を誘い込む。
植物が生長するエネルギーが、私たち動物を歓喜させるのだろうか。
朝の光をあびる新緑の林は何ものにも代え難くうつくしい。

P1110254s.jpg

P1110270s.jpgP1110315s.jpgP1110335s.jpgP1110389s.jpg

P1110376s.jpg

posted by guzuroku at 22:19| Comment(0) | 日記

2012年04月13日

梅のちから。

4月10日をすぎてやっと、我が家の梅の花が咲いた。
寒かった冬のおかげで、春を告げる花が眩しくもある。
桜は華やかだが、梅の花の方がだんぜんきれいだと感じる。

P1100871s.jpg
posted by guzuroku at 23:05| Comment(0) | 日記

2012年03月17日

春目前の土手はいい。

凍土から解放され、芽吹きが加速しはじめる3月の土手が好きだ。
大地のうごめきがそこにはある。
植物のエネルギーの膨張が感じられる。
「そろそろ動くか」という気分に人は駆られる。

P1100686s.jpg

きっと地中は芸術的に躍動しはじめているのだろう。
posted by guzuroku at 14:41| Comment(0) | 日記

2012年01月21日

大寒の日。

この冬、はじめてまとまった雪が降った。
今日は大寒なので暦どおりの天候である。
南からの雪なので、水分が多く木々にきれいに着雪。近くを通りかかった公園が、とてもきれいに映ったので、つい立ち寄ることにした。
肉眼で感じた美しさはなかなか写真には写らない。
とにかく、自然のつくりだす美にはかなわないと実感する。

P1100368s.jpgP1100385s.jpg
posted by guzuroku at 12:00| Comment(0) | 日記